タグ:ホテル ( 16 ) タグの人気記事
引き続き、去年のお話です。
前回泊まった「Kumara Sakti」なのですが、
ちょっとしたバリの洗礼はともかく(笑)、宿としてはごく普通の線ではないかと思います。
スタッフもきちんと動いてくれるし、パブリックエリアはそこそこいいセン行ってます。
但し、バリ様式のお部屋は・・・とゆー方には向かないかも知れません。
ウチ的にはまぁ、この位なら問題ないかな?とゆーレベルでしょうか。
(但し、コスパフォ的には若干の疑問もアリで、リノベされればなぁ・・・と思います)

それと、景観を求めるのであれば、その旨予約時に眺めのいい部屋の指定は必須となります。
私達が最初に2泊アサインされた部屋は、最下層に位置する106号室でした。
最下層なので、景観は△、但し、水回りは比較的新しいので、気にされる方にはお薦めです。
106号室の2階部分に当たるのが、その次に移動した202号室になるのですが、
こちらは、正面にライステラスが「どうにか」(笑)見えてきます。
その反面とゆーか、水回りに多少難あり←少し年期が入ってます(^^;
やはり202より一つ上の階層の建物(おそらくこちらが旧スイートになるのかな?)で、
そちらの最上階からだと、見事なビューを楽しめるコトと思います。
f0011131_154263.jpg
入り口側よりお部屋の眺め(こちらにもテーブルセットがある)


f0011131_155864.jpg
テラスにあるテーブルセット(昼)


f0011131_161476.jpg
テラスにあるデイベッド(昼)


f0011131_162357.jpg
テラスにあるテーブルセット(夜)


f0011131_163447.jpg
テラスにあるデイベッド(夜)


f0011131_1291617.jpg
ベッドルーム(アランアランで葺いた屋根ではないので、天蓋は去年の時点ではナシです)

私的にはベランダからの眺めって、結構重要なポイントなので、スイートの部屋からの眺めを
今回得られなかったのが、ちょっと残念でしたね~ ←それでもスイート料金取られてるし(笑)
なので、今回はちょっぴり辛口の感想になってますが、スイートに泊まれるならココもアリかな?

※写真は、全て202号室のモノです。
[PR]
by chesya_cat | 2008-11-11 23:59 | バリ・ホテルの癒し
飛行機を降りるとソコは・・・
南国でした・・・行き先がバリ島なので、それはまぁトーゼンと言えばトーゼンなのですが、
フツー、飛行機のハッチ部分を出ると、飛行機と建物の連絡用通路?が有りますよね?
で、飛行機のハッチを出たとしても機内とそれほど気温差が無かったりするぢゃないですか?
ところが今回はハッチを出たらソコは南国・・・イキナリ、メガネがもー曇る曇る(^^;
・・・そうです、タラップを降りて現地を直に踏みしめるとゆー体験を生まれて初めて致しました。
トーゼン、降りた先にはレッドカーペットが敷いてあったり・・・とかゆーコトは一切無く(笑)
その少し先で待ち受ける連絡バスへと乗り込み、イミグレを行ういつもの建物へと向いました。

そんなこんなで波乱含みな幕開けではありましたが、ようやく今回宿泊するホテルへ到着~

宿泊先は・・・
[PR]
by chesya_cat | 2007-02-18 00:00 | バリ・ホテルの癒し
いざダイブ!!
さて、前回はベッドへダイブすべく向かう手前で終わったトコロでしたが、
いよいよダイブ!(笑)を敢行したいと思います。

いざ行かん、極楽浄土へ!
[PR]
by chesya_cat | 2006-10-11 00:00 | バリ・ホテルの癒し
到~着!!
SQを使っての渡バリだったので、到着した頃、辺りはもう真っ暗です。
ングラライ空港で、ホテルスタッフと合流・ピックアップされ、
気候の変化に少しビックリしている体を、送迎の車内で頂いたアクアで冷やしつつ
暗闇の中に見え隠れするワルンや民家の明かりと、車のヘッドライトに照らされる
椰子の木と田んぼの懐かしい違和感(笑)を楽しんでいると、小1時間程で
今回最初の宿泊地、Ubud Village Resort に到着しました。

チェックインの手続きが済んで、部屋に通されると、「うわ~」「へぇ~」といった
在り来たりな感嘆のコトバしか出て来ないボキャブラリにチョッとメゲながら
早くこの感動を全身で表したいのだが、如何せんスタッフの前で
童心に還るのもどーしたモノか?しかも自分、いいトシだし(笑)
とゆー事で、取り合えず見えないようにプルプルしながら我慢しつつ
スタッフの説明を受けるが、トーゼン上の空(笑)「何かご質問はございますか?」の
一言に我に返ると、「のーぷろぶれむ!!」(違
と一言、そしてスタッフはにこやかに退場・・・

そして・・・
[PR]
by chesya_cat | 2006-10-07 21:54 | バリ・ホテルの癒し
祭りの後にも似た感情
f0011131_192634.jpg


日本に戻って来ました・・・トーゼン魂は、未だバリのデイベッド上で幽体離脱中(^^;
きっと今ごろ宿泊中の誰かに、私の生霊が目撃されているかもしれません(笑)

写真は、今回宿泊したUbud Village Resort のレストランからの眺めです。
(壁紙に利用可能な1024×768ピクセルのサイズですので、ご利用下さい)
今回の渡バリでは、地図作成の為ウブドのメイン通りを2時間程集中的に
歩き回りましたが、それ以外はそれほど出歩かず、怠惰なゴロゴロ三昧でした。

復活してからぼちぼち書き込みして行きますので、もう少しだけお待ちくださいね(^^)/
[PR]
by chesya_cat | 2006-10-05 00:00 | バリ・景色の癒し
一階のテラス
f0011131_1493446.jpg
この写真は、Duplex Roomの1階にあるテラスです。
2階のテラスとは異なり、こちらはかなりの広さがあるので、その気になれば
ここで寝るコトも可能です。(夜はさすがにツライかもしれませんが(^^; )
ここが活躍するのは午後、2階のテラスでは、日が当たってもう暑くて干からびる~!!
ってゆー状態になったとしても、屋根の部分が2階のテラスに比べて広いので、
まだ日陰の部分があるのと、風通しがいいので、その分涼しく過ごせるからです。
それと雨が降った時には、2階のテラスでは雨が結構吹き込むので、
ルームサービスを取るとか、お茶をする時とかに重宝します。
眺めは2階のテラスにこそ引けを取るかもしれませんが、そこそこあるし、
3方が開けているにしては雨風も凌げるし、なおかつこのテラスでは、
足を投げ出して座れるとゆー、最大のメリットがあります。
(机の下に座布団のようなマットがあるのが見えますよね?)
自分の居場所が沢山あるってゆーコトが、如何に寛げるコトに繋がっているか?
とゆーコトが再認識出来るテラスなのです。
そして、このテラスでゴロゴロすると、これまた幸せに
ココロおきなくぼけなす化するコトが出来るのでありました。
[PR]
by chesya_cat | 2006-03-03 23:59 | バリ・ホテルの癒し
こっちも捨てがたいなぁ・・・
どの部屋も、ほぼ毎日Full Bookとなってしまうテガルサリですが、
チェックアウト後にあたる、昼下がり辺りになると、ルームキーパーのスタッフが、チェックアウト後の部屋の清掃を行っているので、その後が、他の部屋を見学する
絶好のチャンスです!この日の午前中に、スタッフが「他の部屋を見ますか?」と
声を掛けてくれたので、宿泊しているDuplexからプールをはさんで反対側の、
Wooden Roomを見る事が出来ましたので、その時の写真を少しばかり・・・
自分達の部屋は、この時点でもうゴニョゴニョ・・・なので、こちらでご了承ください(笑)
f0011131_20834.jpg
まずは見たとおりのベッドですが、しっかり天蓋付きで蚊に悩まされる事も無く
安眠が約束されそうなベッドですね・・・枕も2つ付いてるのはポイント高いです!
私は低めの枕が好きなのですが、人によって高さの好みは違いますからね~
でもウチの場合、ついついイビキをかいてしまう私の撃退用(笑)として、
相方に余った枕1つを流用されそうな気配が濃厚なので、これも良し悪しかな?(違
f0011131_201775.jpg
2枚目は、テラスの様子ですが、こちらも椅子2脚とテーブルの基本セットがあり、
床に座り込む事を考慮してか、葦のシートがしかれていて、
テーブルもそれに合わせて低めのものがチョイスされています。
そしてなんと、デイベッドを備えています・・・これ、いいなぁ・・・としばし妄想。
このデイベッドで、日がな一日中ごーろごろしまくる野望がむくむくと頭をもたげます。
ここから眺めるライステラスもまた、素晴らしかったので、なおさらそう思いますね~
(そのライステラスですが、写真が綺麗に撮れなかったので、そちらはご容赦を(^^; )
でも、デイベッド自体が1つしかないので、二人で泊まると当然競争率高めに・・・
きっと私の場合、相方に占領されている比率が高い事でしょう・・・(T_T)
・・・野望は儚くも早々についえそうです(笑)
[PR]
by chesya_cat | 2006-02-08 23:59 | バリ・ホテルの癒し
テラス@テガルサリ
f0011131_2323312.jpg
これは、宿泊した部屋(Duplex)のテラスの左側を写した写真です。
バリでよく見かける太い竹製の椅子が2脚と、小さいテーブルが1つの
最小限だけど、ココでは他に、もうなにも要らないと思わせてくれます。
写真左手の木と竹林の陰が、お隣のSuper Deluxe Roomになっていて
特にプライバシーに気を配る必要はありませんでした。
この竹林には、朝になると小鳥がやってきて目覚まし代わりになってくれます。
f0011131_2324313.jpg
一方こちらはテラスの右側を写したものです。
写真右端辺りに、新設されたSuper Deluxe Roomが見えて、その左隣の奥には
Tropical View Cafeが遠くに望め、さらに左側がMonkey Forestになっています。
そして、眼下には一面のライステラスが広がっているのです・・・・
この椅子に腰掛けて、相方と二人でリンディックを聞きながらコピバリをすすり、
時々Gudang Garamをくゆらす午前中のひと時は、最高以外の言葉が出てきません。
それはもう、心底「ぼけなす」出来るテラスなのでした。
でも、午後2時位になると、暑くてたまらなくなりますので、そーなったら、
引っ込んでベッドで昼寝をするなり、プールへ泳ぎに出かけたり、近場のお店を
冷やかしに行ったり、ホテルのSPAへ行くのが正しい午後の過ごし方なのです。
でも、夕日を見るだけの為に、夕暮れ前にはココに必ず戻って来る事を
夢々忘れてはいけないのが、テガルサリでのお約束なのでありました。
[PR]
by chesya_cat | 2006-01-20 23:59 | バリ・ホテルの癒し
なんか、ほのぼのとしちゃう音♪
f0011131_373828.jpg

これまた、同じホテルのエントランスなのですが、
このおっちゃん&にいちゃんが奏でるリンディックがまた、
バリで寛いでるんだなぁ・・・と、しみじみとさせてくれたのでした。
エントランスって、ホテルの玄関だから「玄関先で寛ぐ」って感覚が
バリに訪れるまではそんなに理解出来なかったのですが、
(今までロビーとかだと、なんか心のすみっこでお澄まししてる自分がいました(笑))
こんなのどかな音を聞いてしまうと、ここで「のほほ~ん」とするのも
アリなんだなぁ・・・と、開眼した思いなのでした。
[PR]
by chesya_cat | 2005-12-15 23:50 | バリ・ホテルの癒し
ランチタ~イム♪
f0011131_2201379.jpg
この写真は、一つ前の投稿にあるテラスでのランチタイム
クラブサンドとシュリンプヌードルです。当然ビンタンは欠かせないです(笑)
クラブサンドは、「軽くサンドイッチでも・・・」と思って頼むと大変なコトに(笑)
とっても美味しいのですが、結構なボリュームですので注文する際には要注意!
あまつさえ、シュリンプヌードルも頼んだので、なかなかヘビーなランチに・・・(^^;
シュリンプヌードルは、タイの「パッタイ」のような感じですね~
これまた、辛味が効いてて結構美味しいです(ビンタンによく合うんですよコレがまた)
プライベートガーデンで、のほほ~んとした後は、こんな感じでお腹を満たし、
ぐーたら・ぼけなすな午後のひとときへと再突入するのでありました・・・・
[PR]
by chesya_cat | 2005-12-14 22:20 | バリ・食欲の卑し